ウェア 必要度 備 考
長袖シャツ ウールや速乾性のもの
Tシャツ 速乾性のもの(メリノウールなどおすすめです)
ズボン ストレッチ性のものや速乾性のもの
下着 速乾性のもの
防寒具 フリースや薄手のダウン
レインウェア ゴアテックスなどの防水透湿性のものが快適
ソックス 速乾性のもの
手袋 レイングローブや薄手のフリースやウール
帽子 日焼け対策・防寒用・防水用
※アンダーウェアについては、ぬれたときに乾きの遅いコットン素材は避けましょう。
※レイングローブは、手が雨にぬれて指先が冷えるのを防いでくれます。
身につけるものは、綿製品をさけ速乾性のものを使用しましょう
用 具 必要度 備 考
トレッキングシューズ ゴアテックスのくるぶしをカバーできる高さのもの
ストック・ステッキ 2 本のほうが歩行の安定性が良い
レインスパッツ 雨や雪、ぬかるんだ道での必需品
ザック 宿泊先からの日帰りの場合、15L~30L位が適当
ザックカバー リュックの中の物を濡らさないために
折りたたみ傘 風のない平坦地で使用します
ヘッドランプ かばんの中いつもあるように
水 筒 水分補給は1日1Lが目安
地図 コースを確認
コンパス 方向を確認!
おわん・コップ・おはし お昼ごはんのときに便利です
携帯ざぶとん 休憩やお昼ごはんのときに便利です
タオル てぬぐいを利用するとすぐ乾きます。
ゴミ袋 自分で出したゴミは持ち帰りましょう
時計 高度計の付いたものならばさらに便利
カメラ 想い出つくりに・・・
日焼け止め 肌にあったものを
虫よけ 肌にあったものを
サングラス 紫外線から目を守りましょう
救急薬品セット 常備薬や擦り傷対策
行動食 吸収の良いカロリーの高いもの
健康保険証 コピーはいつも携帯しましょう
常備品 自分に合う最小限の薬を
筆記具 メモやペン(山行きの記録に。。。)

※ヘッドランプがなぜ必要?
山では早出早帰が基本ですが、突然の事故などで下山が遅くなった場合必要になります。何かあったときように必ずかばんの中に入れておいてください。

◆一般に、山の気温は100m毎に0.6度下がると言われています。
暖かくなったといっても、一旦天気が悪くなると山の中は急激に冷える場合
があります。
防寒の装備は必須です。薄手のフリースやセーター、ダウンなどが重宝します。
薄いニット帽子や手袋など用意しましょう。