オーストリアにあるチロル地方は、美しい大自然とヨーロッパの歴史文化遺産が、見事に調和しています。点在する個性的な村や街は、時間がいくらあっても周り切れ ないほどです。旅の過ごし方もいろいろ、ハイキングなどのスポーツを楽しんだり、チロルに住むの人々との交流や、自然文化体験や歴史遺産めぐりなど皆さま を飽きさせることがありません。

チロル地方は、オーストリアの西側に位置する州のひとつであり、ドイツ・スイス・イタリアと国境を接しています。州都は、インスブルックです。夏は避暑地として、冬はアルペンスキー、クロスカントリースキーで賑わいます。

 

◇チロルでのハイキングに関して:

日本でも有名なチロルの山はほとんどありませんが、バリエーションに富んだ展望の良い登山道の数は数え切れません。
その上整備も非常に良く行き届いていて、とても快適に山歩きをお楽しみいただけます。
また、登山道に点在する山小屋では、暖かい郷土料理で私たちを迎えてくれます。
休憩に立ち寄るも良し、山での一夜を過ごすも良し、チロルの山歩きのツアーに、この山小屋はとても重要な存在です。ここではチロルの人々の歴史と暮らしを垣間見ることができます。

◇ハイキングシーズン:

山小屋歩きツアーに最適なシーズンは、6月下旬~9月下旬。 その中でも7月は、高山植物がいちばん美しい時期です。
秋の紅葉(黄色葉)は9月末から10月初旬、この時期は日によって寒暖の差が激しく、山間部は降雪がある所もあります 。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 ←6月下旬〜9月下旬→

単位はユ-ロです。
2015年4月08日現在で 1ユ-ロ=約131円
補助通貨はセントです。1EURO=100C
ユ-ロ紙幣の種類= 10,20,50, 100, 200, 500 ユ-ロ
ユ-ロ硬貨の種類= 1,2, 5, 10,20,50 セント 1, 2 ユ-ロ
人 口  約70万人

12,650k㎡、うち88%が山地 (最高峰ヴィルトシュピッツェ”Wildspitze”3774m)
標高3000m以上の山の数は、約600(約15,000km連なる山々)

現地でも両替は可能ですので、事前に両替されるときは小額の両替をお勧めいたします。
※現金以外ではクレジットカ-ド(VISA等)をお勧めいたします。

オーストリアから日本にかける場合は
00(国際認識番号)81(国番号)-市外局番 0 を省いて相手の番号
公衆電話からかけることは可能ですが、カード式がほとんどなのでキオスクでテレホンカ-ドをご購入ください。
例) 00-81-78-391-8162 (日本の番号 06-6377-1077)

日本のご家族様がオーストリアにお電話をかけられる場合は
国際識別番号(001 KDDI の場合 *各社あります)の後に
43(オーストリア国番号)-最初の市外局番0をのぞいた電話番号でかけることが可能です。
国際電話のマイライン登録をされている方は 国際認識番号が 010となりますので事前にご確認ください。
例) 001-43-4-5053-5715
(オーストリア国内からの番号 04-5053-5715)

電圧とプラグ  230V 50Hz 丸2ピン C-タイプ

*郵便局
営業時間は、月曜日から金曜日まで 8:00~18:00(12:00~14:00昼休みの所もあります)
土曜日は9:00~12:00
日本までは葉書1.25ユ-ロ(20gまで)
封書は1.75ユーロ(50gまで)
※郵便料金は変更される場合もございますのでその都度ご確認ください。

*銀行
通常 月曜日~金曜日 8:00~12:30、13:30~15:00 木曜は17:30まで。
土曜、日祝は休みですが各リゾートで確認が必要です。

*商店
月曜日~金曜日 9:00~18:00  昼:12:00~14:00は昼休みとなります。
土曜日は午前中のみ、日曜、祝日は休みがほとんどですが、リゾート地は一部店舗が営業しています。
営業時間もお店や地域によってまちまちなので、その都度ご確認ください。

チロルの水道水はアルプスの水を使用していますのでそのまま飲むことができます。
カルシウムやマグネシウムが豊富で専門家たちの間では
「天然のミネラルウォーター」、「世界一の水」とも評価が高いです。
スタッフもチロルでは、蛇口からひねった水をおいしく飲んでいます。
もちろん、ご心配な方はスーパーでも水をお買い求めいただけます。
水はガス入り【Mit Gas ミットガス】と、ガスなし【Ohne Gas オーネガス】の2種類があります。

オーストリアでは1店舗で75.01ユーロ以上(お店によって多少異なります)のお買い物をされますと免税対象になり、
手数料を差し引いた税金約13%が出国時に還付されます。
※ホテル、飲食代は対象外です。
手続きにはパスポ-トが必要なので、高額のお買物の際にはパスポ-トは必携です。
出国の際、現物確認といわれますので、お買い物した商品は機内手荷物にしてください。
(但し、未使用のまま取扱ください。) 手続きは、空港税関で行ないます。

在オーストリア日本大使館・総領事館( ウィーン )
Tel: +43-1-531920 (日本語可)

 

上記もしてありますが、チロルの水はヨーロッパでも最高品質です。
その水とチロル地方特有のの食材を使った郷土料理は大変美味です。
酪農の盛んなこの地方では、チーズ、ソーセージ、ハム、ベーコンなどの肉を使った料理が沢山あります。
料理は全般的に素朴でボリュームたっぷり、やや濃い味付けが特徴です。

チロルの食事詳細については⇒【チロルの食事】ページへどうぞ!

電車や路線バスが走っており、比較的楽に移動できます。インスブルックを中心に列車とバスで各方面へ訪問することができます。
OBB (オーストリア国鉄:独語/英語)

ユーロ・スポーツは、電車とバスをうまく使い合わせたご提案を致します。現地をよく知るスタッフが、乗り換えやスーツケースがあり移動が大変なところは専用車の手配をいたします。

ハイキング・山小屋泊縦走トレッキング・3,000m峰登頂・ラフティング、リュージュ、サイクリング、バーベキュー、チロル音楽の夕べ・ジャム作り体験など、全てのアクティビティーの手配やご案内を致します。

南へ行けばかつての南チロル地方のドロミテ(イタリア)、東は、ザルツブルグ周辺のザルツカンマーグート、北は、ドイツ・バイエルン地方、西はスイスとチロルからの旅はどの方向にも利便性が良く見所はとても豊富です。