アルプスの中心に位置する国、スイス。マッターホルンやアイガー、メンヒ、ユングフラウなど、山に登ったことがない方でも聞いたことがある名だたる名峰が揃っています。4000mを超す山々は一つ一つの個性を持っており、簡単なハイキングからクライミングまで、どんなアクティビティでも楽しむことができます。

◇スイスでのハイキングに関して:

有名な山々が豊富にあり、ハイキングルートも美しく整備された、まさに山のリゾートです。6月下旬から高山植物が咲き始め、花の中のハイキングも楽しめます。花が終わってからも、雄々しい山々や湖を眺めながらのハイキングは格別です。特に、山小屋に泊まっての縦走コースなどは、早い時期だと残雪が多くなるので、遅めの出発をお勧めします。

◇ハイキングシーズン:

山小屋歩きツアーに最適なシーズンは、6月下旬~9月下旬。 その中でも例年7月は、高山植物がいちばん美しい時期です。

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
 ←6月下旬〜9月下旬→

単位はスイスフランです。
2015年4月08日現在で 1スイスフラン=約131円
補助通貨は補助単位はサンチーム(Ct)またはラッペン(Rp)
1CHF=100Ct

スイスフラン紙幣の種類= CHF1,000/CHF200/CHF100/CHF50/CHF20/CHF10の6種類
スイスフラン硬貨の種類= CHF5/CHF2/CHF1/CHF1/2/Ct20/Ct10/Ct5の7種類

現地でも両替は可能ですので、事前に両替されるときは小額の両替をお勧めいたします。
※現金以外ではクレジットカ-ド(VISA等)をお勧めいたします。

スイスから日本にかける場合は
00(国際認識番号)81(国番号)-市外局番 0 を省いて相手の番号
例) 00-81-78-391-8162 (日本の番号 06-6377-1077)

日本のご家族様がオーストリアにお電話をかけられる場合は
国際識別番号(001 KDDI の場合 *各社あります)の後に
41(スイス国番号)-最初の市外局番0をのぞいた電話番号でかけることが可能です。
国際電話のマイライン登録をされている方は 国際認識番号が 010となりますので事前にご確認ください。
例) 001-43-4-5053-5715
(オーストリア国内からの番号 04-5053-5715)

電圧とプラグ  220-230V 50Hz 丸2ピン C-タイプ

*郵便局
営業時間は、月曜日から金曜日まで 8:00~18:00(12:00~14:00昼休みの所もあります)
土曜日、日曜日祝日は休み
日本までは葉書1.9CHF(20gまで)
※郵便料金は変更される場合もございますのでその都度ご確認ください。

*銀行
通常 月曜日~金曜日 8:00~12:30、13:30~15:00 木曜は17:30まで。
土曜、日祝は休みですが各リゾートで確認が必要です。

*商店
月曜日~金曜日 9:00~18:00  昼:12:00~14:00は昼休みとなります。
土曜日は午前中のみ、日曜、祝日は休みがほとんどですが、リゾート地は一部店舗が営業しています。
営業時間もお店や地域によってまちまちなので、その都度ご確認ください。

スイスの水道水は硬水が一般的です。水道水を飲用できますが、水が変わると体調を壊すこともありますので、敏感な人はミネラルウォーターの飲用をおすすめいたします。
ミネラルウォーターにつきましては、スーパーやキオスク、展望台の売店など至る所で購入可能。ガス入りとガスなしがありますので、購入前に確認をしてください。

1店舗でCHF300以上の買い物をした場合、商品価値に含まれるVAT(付加価値税)の8%が免税対象になる。ただし、買い物後30日以内の手続きが必要。買い物で支払った税金のみ。ホテル代や飲食代のVATは返金されません。

 

スイスの交通について

電車や路線バスが走っており、比較的楽に移動できます。スイスの国鉄SBBはヨーロッパの中では遅れる事も少ないです。各リゾートへはほとんど電車で移動できます。ロープウェイや山岳鉄道も発展しているので、ハイキング時には良く使うことができます。