宮崎潤プロフィール

1979年、東京生まれ、家族の影響で2歳からスキーを始める。
小学校1年生からアルペンスキーを本格的に開始し、中学2年生の時に東京都代表で全国中学校スキー大会(回転競技)に出場。
全国中学校スキー大会に出場後の1994年2月にアルペンスキーからモーグルに転向する。

中学卒業後、1995年からフランス(シャモニー)にスキー留学。
1998~99年シーズンに全日本ジュニアナショナルチームに在籍。
2003年3月に2回目の左膝前十字靱帯損傷の怪我で11月に現役を引退。
引退後は、フランス国家スキー指導員の資格をとるために留学継続。

<フランス滞在中の実績>
・フリースタイルスキー(主にモーグル、スキークロス)のコーチや大会視察
・フリースタイルスキーのワールドカップなどの世界大会の取材(共同通信社)
・フランス国内大会のジャッジ
・フランススキー学校(シャモニー校)でのスキーインストラクター

2011年5月から2014年6月まで全日本スキー連盟フリースタイル部ナショナルチームコーディネーターを務める。
2012年4月にフランス国家スキー指導員資格を取得。
2013年7月 に全日本スキー連盟フリースタイルB級審判員資格(モーグル)取得。
2015年7月に全日本スキー連盟フリースタイルA級審判員資格(モーグル)取得。

<主なスキー関係の役歴>
2011~2014年
全日本スキー連盟競技本部専門委員(フリースタイル部ナショナルチームコーディネーター)
日本オリンピック委員会強化スタッフ(コーチングスタッフ)
2012年第1回冬季ユースオリンピック(インスブルック/オーストリア)
フリースタイルチーム代表コーチ
2012年, 2014年フリースタイルスキージュニア世界選手権(ヴァルマレンコ/イタリア)
スキークロスコーチ、モーグルコーチ

<主な戦歴(モーグル)>
1996年より2003年までモーグルの全日本選手権に東京都代表として出場
2001年全日本選手権モーグル6位入賞
2002年シーズンヨーロッパカップ・モーグル総合ランキング5位
SAJ公認A級大会2勝(1999年, 2001年)

現在は、冬はヨーロッパでのスキーガイド、夏はスイスを中心としたハイキング観光ガイドとして活動し、日本国内モーグル大会のジャッジやコーチなども行っている。